2011年05月09日

地震対策と補助金

東北の地震以降、耐震改修や調査の依頼が増えています。
高槻市と国からの助成金が昨年増えて70万円ほどもらえる、、はずだったのですが
申し込みが殺到したため、今から新しく申請すると助成を受けるのはかなり先、又はなくなるかも。
(復興に予算をまわす為に国の助成は打ち切られる可能性があります)
今耐震計画中の方は3年前にすでに申し込みをされていたために助成が優先して受けられるそうですが。

高槻のハザードマップによれば、東南海地震で震度5以上の地域があり楽観視はできません。
東北地方の地震は発生予測で30年以内に80%でした。
東南海地震は30年以内に30%以上、しかし今回の地震に影響を受けて確立は上がるそうです。

最近気になる点について、皆さんも身の回りを一度点検してください。
・裏山や擁壁のがけ崩れ (隣地や上のほうのがけにも目を向け、大きなひび割れや崩れを確認)
・昔の地形 (今回町内一体が地すべりや液状化を起こしたのは、昔、谷や池だった場所の埋立地)
・家族の避難集合場所 (我が家では認識が間違っていました)
・寝具の真上のガラス落下対策 (お客様からの要望)
・水、食料の備蓄 (長期保存用の水が期限ギリギリになっていた)
posted by 若! at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45015183

この記事へのトラックバック